Apple開発者登録の種類

※こちらの情報は2011年8月15日現在のものです。
随時変更されますので、最新情報はAppleのサイトにてご確認ください。

iPhone、iPadのアプリケーションを開発するには、
iOS Developer Programに登録する必要があります。

登録の際、とても紛らわしい点があります。

それは申し込みの種別です。
この種別により、アプリの配布形態が変わってきます。

ディベロッパープログラムには以下5種類があります。

——————-

1.iOSデベロッパプログラム – 個人向け

2.iOSデベロッパプログラム – 法人向け

3.iOSデベロッパエンタープライズプログラム

4.iOSデベロッパユニバーシティプログラム

5.登録Appleデベロッパ

——————-

4は教育機関向けで、5は配布ができない無料登録版です。

紛らわしいのは、2と3です。

2は開発したアプリをApp Storeで販売できる通常のプログラムです。

3はApp Storeを介さない社内専用配布が可能となります。
以前は500名以上の社員がいる会社が対象でしたが、現在はその制限は
排除されています。

ここで注意が必要なのですが、

iOSデベロッパエンタープライズプログラム で申し込んだ場合、
App Storeでの配布はできない

という事です。

App Storeでも販売するし、社内専用のアプリも開発するという場合、
2(10,800円)+3(33,800円)の両方に登録する必要があるようです。

詳細は以下ページ中ほどの「iOSデベロッパプログラムの比較」を御覧ください。

http://developer.apple.com/jp/programs/ios/enterprise/


前のページヘ戻る